カードローンで50万円借りたい!借りるための条件とは?

お金が急に必要になったので、カードローンを利用して、50万円ほどを借りたいと考えています。
しかし、個人がカードローンで50万円を借りるには、どのような条件が必要なのでしょうか。

 

たとえば、担保物件や保証人などがないと借りられないのでしょうか。
個人がカードローンで50万円程度を借りる場合は、そこまでは必要とされません。
大事なのは、借り入れる本人に返済能力があるかどうかです。
収入があること、そしてブラック情報がないこと、これが二大条件といえます。

 

収入の有無、これは返済能力を裏付けるためには不可欠です。というより、収入がないと借入はまずできません。
収入さえあれば、無職であっても借入は可能です。
年金収入がある場合や、不動産収入などがある場合は申込ができます。

 

ブラック情報の有無はなぜ関係があるのでしょうか。
まずブラック情報というのは、ローンやクレジットカードの返済が、3回以上遅れた場合に、その人の信用情報に自動的に登録されます。
それ以外にも、借りていたお金を返せなくなって、債務整理をした場合にも登録されます。

 

つまり、このブラックがあるということは、返済が困難な人とみなされるため、審査で重視されるのです。
それから、消費者金融のカードローンを利用する場合には、もう1つ注意が必要です。
それは、総量規制があるからです。
総量規制は、借り過ぎを防ぐために現行の貸金業法に設けられたもので、年収の3分の1に相当する金額が借入限度額となっています。

 

すべての消費者金融からの借入に適用されるため、他にも消費者金融を利用している場合は、借入総額によっては、50万円の借入が不可能になることもあります。
それでもカードローンを利用したい場合は、総量規制対象外の業者を利用するか、あるいは銀行を利用するのがお勧めです。

 

年収が一切ない専業主婦の場合、総量規制が適用となる消費者金融では一部例外を除いて法律的に借入ができません。
しかし諦めることはありません。銀行が行っているキャッシングサービスは総量規制対象外なので、融資してもらえる可能性があります。
希望額が高すぎると審査に通りにくくなりますが、希望額50万円以下なら銀行カードローンを検討してみるとよいでしょう。
これくらいの金額なら収入証明書など返済能力を裏付ける書類も不要な場合がほとんどです。

 

 

金利を簡単に計算する方法が一目で分かる!