カードローン利用で用意が必要な書類をチェック!

カードローンは、契約しておけば急にお金が必要な時に借りる事が出来る便利なものです。
その手軽さと利便性の高さから多くの人が利用しています。

 

しかし、初めてカードローンを利用しようと思う人は何を用意したらいいのか迷うものです。
カードローンの会社により多少の違いはありますが、どの会社も初めての申込の際には必要書類がいります。
必要書類とは、「本人確認の書類」と「収入確認の書類」です。

 

申込書の提出時には細心の注意が必要です。
申込書の項目は連絡先や年収など各業者で多少異なりますが、これらの内容に間違いがあると審査がスムーズにいかなくなります。
返却や訂正、再提出といった手続きを経ると大幅に時間をロスしたり、その人の信用が問われ審査に不利になることもあります。
審査に通りたい一心で虚偽の記載をしても必ずバレますので何のメリットもありません。
次に在籍確認についてですが、お金を借りることが周囲にバレるのではという先入観を持つ人が多くいます。

 

しかし実際には各社できちんと配慮して在籍確認を行っているので、借入が知られる心配はありません。
どうしても自分で電話を受けたい場合は、あらかじめ申込先の担当者に相談しておきましょう。
また契約時に必要となる本人確認書類も用意しておく必要があります。
手近にすぐ用意できる運転免許証や健康保険証が多く利用されています。

 

本人確認の書類は、お金を借りる際には絶対に欠かせない書類です。
本人確認の書類によって金融機関は申し込みに来た人にお金を貸して大丈夫かどうかの信用の調査をします。
書類とは、運転免許証を持っていれば運転免許証のコピーで持っていない場合には健康保険証やパスポートのコピーです。

 

もう一つの収入確認の書類に関しては必要な人と必要でない人の二つのパターンがあります。
会社により違いはありますが、その人が借入を希望しているお金がその会社の定めるラインの金額を超えた時に収入確認の書類は必要になります。
このラインは会社により違いますので、カードローンを申込む際にその会社のホームページなどで確認する事が出来ます。

 

もし、ラインを越えていたら収入確認の書類も必要になります。
具体的に収入確認の書類として機能するものは、最新の給与明細書た確定申告書、源泉徴収票などです。
給与明細をこの収入確認に利用する場合には、2ヶ月分用意するのが一般的となっています。

 

用意した必要書類は、申込方法によって提出する時期や方法も変わってきます。
窓口で申し込む場合には、当然窓口に提出しますが、今ではインターネットでの申し込みが主流になり会社によっては携帯のカメラで写真に撮ってメールで送ったり、スマホのアプリを利用して送ったりパソコンのスキャナで読みこんで送ったりする会社も増えています。

 

もちろん、FAXや郵送などの方法もあります。
自分に合った申し込みが出来るのがカードローンの便利さです。

 

 

金利を簡単に計算する方法が一目で分かる!