知っておこう!カードローンのメリット

カードローンは、銀行や消費者金融などが提供している個人向けの小口融資サービスのことで、その名称の由来はカードを利用して、ATMからお金の借入れと返済が行えるというものです。
カードローンのカードは銀行が提供するもので銀行口座に付与するタイプであればキャッシュカードにローン機能を付与したものが使われますが、専用のローンカードが発行される場合があります。
また銀行のカードローンでも口座開設が不要であったり消費者金融などが提供しているサービスの場合には専用のローンカードが発行されることになります。

 

・どんなタイプがあるの?
大きく分けて銀行系・消費者金融系・信販系のカードローンがあります。
このうち専業主婦でも借入可能なのは銀行が提供するカードローンのみになります。

 

・金利と利息
金利の差は支払う利息に直結します。
金利帯の低い順から銀行系→消費者金融系→信販系となっています。
無利息サービスを活用すればお得に借りることができます。

 

・融資限度額について
融資限度額が大きいほど金利は低く設定されます。
初めての申込時は限度額が小さく、最高金利が適用されることがほとんどです。
利用実績に応じて限度額の増額が可能な場合もあります。

 

・申込はインターネットが便利
融資スピードを重視するならネット申込がおすすめです。
最短即日融資が可能な場合もあります。

 

・ATMを活用しよう
借入も返済もコンビニATMから簡単操作で行えます。
ATMの利用手数料は業者や金額によって異なるので、事前に確認しておきましょう。

 

・返済はリボルビング払いが一般的
リボ払いでは毎月一定額を約定日に返済します。
利息負担がもっとも軽い一括返済の方法もあります。

 

・借入は慎重に
カードローンは借金です。
事前に返済シミュレーションを行うなどして、十分な返済計画を立てて利用しましょう。

 

なお、口座開設が必要なカードローンは自動引落しによる返済が行われますが、自動引落しが行われないカードローンでは、毎月定められた返済期日までに返済を行う必要があります。
また返済では元金のほかお金を借りた手数料として金利を支払う必要があります。
カードローンを利用するためには返済能力に関しての審査を受ける必要があります。
審査の基準は各社で異なり、サラリーマンや公務員などを対象としたものからアルバイトやパートでも対象となっているものまでさまざまです。

 

この審査で融資できる金額が設定されます。
融資できる金額によって金利が異なってき、融資枠が大きければ大きいほど低金利で借りることが可能ですが、はじめての利用の場合には最高金利が提供されるのが一般的です。
消費者金融であれば、おおむね18%程度で銀行の場合には15%ほどとされます。

 

ただし銀行でも保証人に保証会社や消費者金融を立てている場合には、18%程度の金利が設定されます。
金利は長く借りれば借りるほど、その負担が大きくなるため借り入れる時と返済するさいには注意する必要があります。
そのため、カードローンでは借入れ残高を把握しておく必要があります。

 

カードローンの残高を照会に対応したATMであれば、その場で調べることが可能です。
また電話での残高照会に対応しているところもあります。
インターネットでのサービスを行っているところであれば、公式サイトから照会することが可能です。

 

 

金利を簡単に計算する方法が一目で分かる!