どうなってるの?カードローンの無人契約機

カードローンの契約方法はいくつかありますが、1990年代から現代にいたるまで契約業務に無くてはならないものとされているのが無人契約機です。
ではこのカードローンの無人契約機とはどういったものかというと、これは主に、店頭スタッフと直接対面することなく契約業務を行うために利用される機械です。

 

基本的な操作はタッチパネルによって行い、必要な書類などに関してはスキャナやファクシミリを使って送信することで必要な業務を行っていくこととなります。
画面に表示される内容や、電話を使ってスタッフから聞かれる質問などに対して答えていくだけですぐに契約業務を進めていくことが出来るために全国各地で利用をされていますが、この無人契約機には様々なメリットがあります。

 

例えば直接スタッフと対面する必要がないためにプライバシーは遵守されることとなりますし、基本的には個室のようなブースで操作をしていくわけですから、誰かに契約内容を知られるということもありません。
また最近だとインターネットを利用した契約申し込みと並行して利用することによって、利用開始から数十分でカードローンに必要なカードを発行してもらうということもできるようになりました。

 

インターネット申込と同様に人気があるのが自動契約機での申込です。
モビットをはじめ大手の消費者金融は全国に自動契約機の店舗を設置しており、自宅近くや仕事帰りなど都合に合わせて利用しやすくなっています。
店舗窓口で対面形式で申込するやり方とくらべて、人目を気にせず申込できるので安心です。

 

あらかじめネット申込で審査を済ませてから自動契約機に出向けば、より簡単な手続きでカード発行が可能になるのでオススメです。
即日融資にも対応していますが、申込時間や土日祝日の扱いに制限がある場合があるので注意しましょう。
契約には運転免許証などの本人確認書類が必要になるので必ず持参するようにします。
カードを受け取ったら併設されたATMやコンビニATMですぐにお金を引き出すことができます。

 

ただここで注意をしたいのが、無人契約機はあくまでもそこにスタッフがいないだけであって、業務の中では必ず人の手によるチェックが行われるということです。
中には誰も見ていないから虚偽の申告をしてもバレにくいというように考えている人もいるのですが、実は無人契約機は画面自体がカメラになっているため、操作をしている人の風貌や性別といったようなことはすぐに確認することが出来るようになっています。

 

そのため家族の運転免許証を使って勝手に契約をしようとしたり、未成年者なのに成人していると偽って契約をしようとしても、それは不正行為としてすぐにバレてしまうのです。
特にこうした行為を行うこと自体は違法ですから、誰もいないからと言って虚偽の申告をすることは絶対に避けるようにしましょう。

 

 

金利を簡単に計算する方法が一目で分かる!